• 教えて!クラウドコンピューティングって何ですか?
  • クラウドとは?

    レンタルサーバや、VPSと同時に最近よく耳にするようになったクラウドとは一体何でしょうか。
    クラウドとは正式にはクラウドコンピューティングと呼びます。 クラウド(Cloud)を直訳すると「雲」という意味です。
    クラウドとはインターネットを指していて、インターネットの向こう側(雲の向こう側)では、実際にはどこで計算処理がなされているか分からないというイメージを表しています。

    クラウドとは、サーバなどの「機器」や「ソフトウェア」などを自分で保有することなく、これらをネットワークを通じて利用するITの利用形態のことを指して言います。簡単に例えると自宅のパソコンで作った画像のデータをパソコンに保存した場合、この画像を見ることや、編集するにはそのパソコン以外ではできません。データを外出先や、他の場所で使いたい時はあらかじめUSBメモリに入れるなどしてデータを持ち歩かなくてはいけません。 ところが、クラウドではデータを自宅のパソコンではなく、ネット上に保存しておくことで、外出先でもどこでもアクセスして閲覧や編集をすることがでるようになるのです。インターネット上にデータをおくことで、どのパソコンを使っていても、外出中に携帯や、スマホを利用して、同じデータを参照できるようになります。外出先で資料の確認なんてことも簡単にできるようになるのです。インターネット上に保存することで、ネットにアクセスできる環境であれば、いつでもどこでもデータにアクセスできるので、わざわざデータをコピーして持ち歩く等の作業はほとんど必要なくなります。 普段私たちが一番多く利用しているクラウドサービスはWebメールではないでしょうか。GmailやYahoo!メールが有名です。 これらはログインすることでどこからでも見ることが出来ます。このようにもう身近でクラウドサービスを利用しているのです。

    クラウドの場合、自分でハードウェアやソフトウェアなどを購入するのではなく、インターネット上から自分が使いたい時に、使いたいサービスだけを取り出して使う事ができます。Webブラウザがあれば、どの端末からでもネットワーク上にあるサーバ群から高度なサービスを遠隔で利用できます。 また、複数のサーバを利用する事によって様々な用途に合わせた柔軟なリソースを提供する事ができ、データが増加しても迅速に簡単な操作でシステムの拡張をすることができます。 料金体制もレンタルサーバの定額制とは違い、使用した分だけを支払うという料金体制を取り入れています。

    他にもレンタルサーバの場合、自由度は大きく、ほぼ制約なく利用でき、構築や運用は自分で責任を持たなければならない、システムの使用量とは関係なく維持費がかかるという特徴があるのに対して一方のクラウドは、利用にあたって一定の制約がありますが、サービスのデフォルトの環境をある程度そのまま使えるので構築が手軽であり、基本的なシステムの運用はすべてサービス業者にまかせて、維持に手間と時間をかけないですむのです。